知っているとトクするコラム

実体験『がんと言われて思ったこと』 ~保険代理店でも知らなかったこと~

実は私、つい最近がんになりました。 といっても早期発見・早期治療でほぼ完治しています。     リンパ転移も再発の可能性も0.1%未満と言われています。   もう安心です。 というか安心することにしました。         身長180cm、体重90kg、小さいころからずっと野球をやってきて 体力と筋肉と健康だけには自信があった体育会出身者が 『がん 続きを読む >>

2022年4月になったら気をつけましょう ~各種保険の変更手続き~

  今週末からいよいよ4月ですね。   4月と言えば・・・ 新学期 新生活 生活環境が変わる季節   不安でしょうけど とても楽しみですね。         でも楽しんでばかりもいられません。         ご契約されている各種変更手続きはお済でしょうか?     ●火災保険 ・引 続きを読む >>

【事業主の皆様へ】2022年最新版『中小企業に絶対必要な6つの保険』とは

社長、事業経営にはなにかとランニングコストがかかりますよね。   もしもの万が一の時に瞬間風速的多額の出費をして経営を圧迫しないように 各種保険契約で出費を平均化するリスクマネジメントは既に実施していると思います。       ところが事業経営上の思いもよらぬことは時代とともに変化します。 お付き合いしている代理店さんがしっかりサポートされていれば問題ありません。 続きを読む >>

【事業主の皆様へ】社員1名あたり年間30万円を全額損金にできる生保契約は2枠ある?

節税対策のために生命保険を契約していたのは一昔前の話。   いまでも1名あたり年間30万円の保険料を全額損金で扱える 生命保険契約ができるのをご存知ですか?   しかも1名に2枠使えるので1名最大60万円が 全額損金算入できるんです。         年間30万円を全額損金にできる法人生保         このルー 続きを読む >>

2022年最新がん保険の選び方 ~すでに契約しているのに使えない保険だったら~

がん保険? あー、10年くらい前に契約しているのがあるから大丈夫です。 もう既に契約しているのでいらないです。         お客様から1番よくお聞きする言葉です。     でもちょっと待ったー(古い)         そのがん保険、今の最新治療事情に合っていますか? 今って2022年です。       ご契約されたのいつ 続きを読む >>

保険金請求代行にご用心 ~『知らない人』に保険が使えると言われたら~

  先日の福島県沖を震源とした地震や昨年の台風大雨による被害など 自然災害による被害が発生するたびに問題になっていることがあります。       災害復興支援の担当者と名乗り   保険金請求の代行だ 災害専門の住宅修理サービス業者だ       と甘い言葉で巧みに誘い込み 最終的には多額の契約金・コンサルタント料・やめると言え 続きを読む >>

いまは認知症に備える保険の時代 ~大切な人を守るために~

大切な人が認知症になったときのために備えておきたいことが2つあります。   ●認知症になった本人の介護費用。 ●認知症になった人が徘徊などの際に事故を起こしてしまったときの賠償費用。       これらは生命保険と損害保険で備えることができるのはご存知でしょうか。       介護などの費用に関しては主に生命保険で対応ができます 続きを読む >>

地震保険の役割 ~まとまった一時金を受け取れます~

先日の福島県沖を震源とした地震で11年前を思い出す方も多くいらしたのではないでしょうか。 今回の地震は最大震度6強という大変大きな地震でした。     ニュースでは住宅が倒壊したり屋根瓦が損壊したり 家財道具がぐちゃぐちゃになった家の中の映像が多数流れました。       皆さま地震保険はご契約されていますか? また保険の話かよと思うことなかれです。 続きを読む >>

写真を撮りましょう ~福島県沖を震源とする地震により被害を受けられた皆様へ~

昨日深夜に発生した福島県沖を震源とする地震により被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。     地震保険をご契約されている皆さまは 今回の地震で建物や家財道具等動産に被害があった場合 片づける前に写真を撮っておくことをお勧めします。 ↓↓↓ 【弊社役員の自宅写真を拝借】   写真を撮った 続きを読む >>

生命保険の『あおり営業』にご注意! ~不安になって契約しすぎてませんか?~

  この季節は何かと物入りな時期ではないでしょうか? 子供の入学、新学期、引越し、新生活、車検、歓送迎会(コロナ禍ですけどね)。   何かしら家庭内の必要経費を見直す際に お父さんのお小遣い削減より保険を見直しませんか?       ちなみに金融庁が昨年末に改正した生命保険の営業手法に関する新たな監督指針が業界に波紋を広げています。       『金融 続きを読む >>

<< 前の記事を見る