相談事例

相 談 事 例 ( 40代・男性 )

現在加入中のがん保険を充実させたい。

提案事例

現在加入している特約医療保険についてがんの保障を充実させたいとのお申出をいただく。10年更新型商品だったため、終身型への切替も合わせてご提案させていただき、希望どおりの保障内容にてご契約いただいた。

 

相 談 事 例 ( 60代・女性 )

2002年に加入したがん保険に特約医療保険を付帯しているが、先進医療は保障対象かどうか知りたい。先進医療はかなり高額と聞いており、もし先進医療が必要になった場合、家族に迷惑を掛けないようにしたいと思っている。

提案事例

現在ご加入の特約医療保険には先進医療を中途付加できないこと、また現在販売中の医療保険よりも支払対象となる手術種類が少ないことなどを説明させていただき、現在の体況(健康状態)も良く既往症も無いとのご申告だった為、現在販売中の医療保険への切り替えをお薦めさせていただく。保険料は少々上がったものの保障が厚くなり、先進医療も通算2,000万円で付帯できたことで大変安心された。

 

相 談 事 例 ( 20代・女性 )

自身の年齢は20代後半で両親が他界している。医療保険、がん保険、終身保険(死亡保障リビングニーズ特約付)に加入しているが、自身が病気で働くことができなくなり、収入が無くなったときのことを考えると凄く不安である。余命宣告を受けたり死亡しなくても、就業不能となったときに給料のように毎月給付される保険はないものか。

提案事例

5疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中、肝硬変、慢性腎不全)で、就業不能状態また要介護状態が60日を超えて継続する場合、お給料のように毎月給付金を受け取れる家計保障定期保険をご提案。現在の収入をヒアリングし、毎月の保障を15万円のプランにてご契約いただいた。

 

相 談 事 例 ( 40代・男性 )

外資系の生保会社のがん保険に医療特約付で契約がある。保険会社から契約確認のお便りが届いたが読んでもわからないので説明してほしい。保障を追加すると保険料が〇〇円上がるというようなことも書いてあり、その保障内容についても知りたい。

提案事例

契約しているがん保険について診断給付、入院給付、死亡保障はあるが、通院による治療の保障が無いことをお伝え。現在のがん治療は、通院で放射線治療や抗がん剤治療をするようになること多くなってきているため、通院による治療の保障を検討してみてはどうかとご提案させていただく。また、先進医療特約も100円ほどの保険料負担で中途付帯できることや、医療特約は5日の免責があるタイプのものであったため、日帰り入院から保障されるものを選ぶこと、また相談者は子供のいないご夫婦で将来介護が必要となった場合を心配されていたため、現在の医療特約を終身介護特約付で通院保障のある医療保険に入りなおすプランもご提案させていただいた。

 

相 談 事 例 ( 40代・女性 )

複数の契約があり、保障が重複しているのではないか相談にのってほしい。また、新しい商品に切り替えた方がよいか迷っている。

提案事例

ご自身が契約者となっている契約のほか、配偶者様が契約者となっている家族型の契約もあり、また契約後10年ほど経過しているため保障内容の見直しもしたいとのお申し出。契約内容を拝見すると、死亡保障、がん保障、医療保障など必要な保障を複数の契約で補っており、上手にカバーしている印象だが、先進医療特約が付帯されていなかったことや、過去5年の健康状態についてのヒアリングを行った結果、告知項目に問題の無い引受基準緩和型の医療保険を元に先進医療特約を付けてご提案できることがわかり、支払削減期間がある商品であることをご理解いただいた上で検討後ご契約いただいた。

 

相 談 事 例 ( 50代・男性 )

勤めていた会社を早期退職した際、団体加入の生命保険を解約したため、自身の保障はがん保険だけになってしまったため、新たに医療保険に加入を検討しているものの、糖尿病の既往症があり、通院と投薬を受けている。糖尿病で通院中でも加入できる保険はあるか、先進医療の保障も付帯したいと思っている。

提案事例

過去5年の健康状況についてヒアリングを行った結果、告知項目に問題の無い引受基準緩和型の医療保険に先進医療特約を付帯し提案できることが判明。但し支払削減期間がある商品であることをご理解いただきご契約いただいた。

 

相 談 事 例 ( 40代・女性 )

最近、病気に罹患し入院をした。今回は1週間ほどで退院できたが、今後入院が長期になることがあった場合、長期休業や退職などと考えると大変不安である。せめて家賃分くらい補填できるとありがたいが、対応できる保険はないか。

提案事例

現在、医療保険で入院8,000円、通院4,800円、三大疾病入院5,000円の保障があるため、家賃が補填できる保障で保険料もプラス2,000円ほどの給与サポート商品をご提案させていただいたところ大変ご満足いただいた。

 

相 談 事 例 ( 40代・女性 )

最近知人ががんになったことや、テレビ等でもよく報道されているのを観て、自身が入社した頃に加入したがん保険の保障内容が心配になり、見直しを検討したい。なるべく保険料が高くならずに安心できる保障にしたく、現在のがん保険を解約して新規で加入した方がいいのかも含め検討したい。

提案事例

現在の保障内容の確認とご心配されている内容をお伺いし、ご心配されている部分がカバーできる保障をプラスした内容でご提案させていただいた。合わせて、解約後新規加入のプランも提案させていただいたものの、既存のがん保険に医療保障が付帯されており、解約のデメリットをご理解の上ご検討いただくことにした。

 

相 談 事 例 ( 50代・男性 )

大手生保会社に、80歳満期、無配当定期保険、日額1万円の入院特約(70歳満期)付きで加入している保険がある。あと数年で定年退職を迎えるため、収入減に備え保険料の見直しをしたい。2人の子供はそれぞれ独立しており大きな保障は要らないと考えている。

提案事例

死亡保障は葬儀費用程度あればよいとのことで、無配当定期保険を減額し、保険料負担軽減を軸にご提案させていただくことにした。
現契約とは別に、勤務先で団体医療保険で入院日額5,000円の加入があることも判明したが、入院特約が更新型であり次回の更新時には保険料増となることが予測できることや、現在の健康状態が良好なことを確認できたため、入院特約の解約と終身医療保険入院日額5,000円をご提案させていただいた。通院、放射線治療、先進医療の特約も付帯し、保障内容を充実させることができたとご満足いただく結果となった。

 

相 談 事 例 ( 30代・女性 )

以前加入した医療保険やがん保険のほか、加入しているすべての保険の保障内容が良く分かっておらず教えて欲しい。場合によっては見直しも検討したい。

提案事例

お子様がまだ小学生であり、これからお子様には大きな学資計画が必要となることから、奥様の万が一の場合の保障はお子様の学資に当てたいとのご意向もあった。必要時期に合わせた定期保険と、ご自身のための介護保障のある多機能終身保険、終身医療保険をご提案させていただき、必要な時期に合わせた保障の確保と総支払保険料も徐々に減っていく内容にご納得いただいた。

 

相 談 事 例 ( 20代・男性 )

今まで大きな病気をしたことがなく、現在は無保険。ようやく保険料を支払う余裕ができたので生命保険に加入したい。新しく家族をもつ予定があり、もし自分に万が一のことがあっても家族が困らずに安心して生活できる生命保険を検討したい。病気になり入院した時や仕事ができなくなった時、がんになった時の保障が特に気になっている。

提案事例

心配事のメインでもある就業不能にも対応できる定期保険、医療保険、がん保険、終身保険をご提案させていただき、検討後3つの商品に加入となったものの、告知でコレステロール値が基準より高かったため、医療保険は引受不可、また定期保険は条件付きでの引受となった。体況が改善した後に医療保険の加入も含め再検討を提案させていただいた。

 

相 談 事 例 ( 40代・女性 )

夫婦で更新型の保険に加入しているが次回の更新案内が届いてびっくり。これから保険にお世話になる可能性が高くなる年齢なのに、更新後の保障が低くなり、掛け金が高くなるのは何故?保険金はどのぐらいのものに加入すれば安心なのか、他にも加入している保険が複数あるのでまとめられたらと思っている。

提案事例

家族構成や年齢、現在の生活費などをお聞きし、必要な保険金額を算出した上で組合せ保険としてご提案。その後、保障額や保険料の兼ね合い等の再考と提案を数度繰り返し、当社の強みでもある乗合代理店の特徴を生かし、複数社の保険会社で提案をさせていただきご満足いただいた。

 

相 談 事 例 ( 50代・女性 )

医療保険、終身保険、がん保険の加入見直しをしたい。身辺状況の変化に伴い、保障内容が合わなくなったと感じているが、そもそも良く分かっていないので現在加入している保険商品の保障内容も教えて欲しい。

提案事例

ご加入中の医療保険は入院給付金に4日間の免責期間があり、現在は短期入院が多いことから日帰り入院から保障でき、加入当時は保障がなかった先進医療特約も付帯するプランでご提案させていただいた。終身保険は介護保障も得られる多機能終身プランを準備したところ、大変ご満足いただいた。

 

相 談 事 例 ( 60代・女性 )

身内で白内障の手術を受ける率が高く、医療保険が保障対象かどうか、またそれ以外の病気の場合でも、どんな時に保障される保険なのか詳しく聞きたい。

提案事例

医療保険に高度先進医療特約を付帯することで、ご心配されている白内障の先進医療手術にも対応可能な保険会社があること説明、加入プランもご提案させていただきご契約いただいた。

 

相 談 事 例 ( 50代・男性 )

同業者の友人が、屋根から落下し長期入院となった。自身も個人事業主であることから入院中の収入が途絶えるとなると、住宅ローンの返済もあるため大変不安である。何かよい保険商品はないものか。

提案事例

住宅ローンの支払い分くらい保険で補填したいとのご要望があり、ローンの完済期間に合わせて設計した収入保障の保険商品をご提案させていただいた。

 

相 談 事 例 ( 10代・女性 )

医療保険に加入しているが、先進医療と通院についての保障を検討したい。

提案事例

現在の医療保険をそのまま生かし、先進医療と通院特約を中途付帯できることをお伝え。また、解約後に新商品に加入するプランとの差をご理解いただき、前者でのご契約となった。

 

相 談 事 例 ( 50代・女性 )

自宅を新築する。将来に備えて資金を準備を検討したいと思っている。外貨での運用に興味があり相談したい。

提案事例

邦貨の運用では利益があまり期待できないと予測し、外貨で運用したいとの意向があり、外貨建て運用の個人年金保険商品を、為替リスクがあること等から分散投資することも合わせてご提案させていただき、豪ドル建て及び米ドル建てでご契約いただいた。

 

相 談 事 例 ( 50代・女性 )

現在、両親が60代前半で健康状態は良好なものの、将来もし病気に罹患した際に備える保険に加入したい。現在加入している保険はあるが掛け金が高く、今後支払う余裕がなさそうなことも気がかりである。更新型の商品ではなく、一生涯保険料が変わらない保険に加入できるか相談したい。合わせて自身の保険も見直したい。

提案事例

家族会議に同席をさせていただき、ご両親に生涯無理なく支払える保険料額をお聞きした上で不足部分は相談者が負担することで決定。一生涯保険料が変わらない医療保険、死亡保険をご提案させていただいたところ、被保険者おひとりに対して2つの商品にご契約(1つ目は、契約者と保険金受取をご両親。2つ目は、契約者と保険金受取を地元在住の次女)いただいた。

 

相 談 事 例 ( 20代・男性 )

医療保険には入っているものの保障内容が詳しくわからない。また、がんと死亡時の保障も欲しいと考えている。

提案事例

医療保険の保障内容を説明させていただいたところ保障は充分だとの認識でご納得いただく。がんの保障については、万が一がんに罹患した際には費用がかさむため、一時金が給付される商品や罹患せずに給付金請求を行わなかった際でも、これまで支払った保険料が戻る商品を、死亡の保障については終身と定期でご提案させていただいた。

 

相 談 事 例 ( 70代・女性 )

今後の事を考え入院時と死亡時の保障が欲しいが、70代後半で薬を服用している。加入できる保険があるだろうか。

提案事例

年齢を考慮し、娘さん同席の上ご本人へ説明させていただく場を設けていただいた。緩和型の医療保険で入院日額5,000円、終身保険で100万円で提案しご契約いただいた。

 

相 談 事 例 ( 40代・女性 )

CMやDMを見ていると通院保障がある保険がとても魅力的だと感じている。今、自身が通院保障のある保険商品に入り直しをするとしたら、どのくらいの保険料で加入できるのだろう。できれば既契約と同じ保険会社で提案してほしい。

提案事例

ご自身は、告知すべき事項(過去2年以内に医師から検査を勧められたことがある)があるものの、医師からは年に1度の健康診断を受ければそれでよいと言われているため容易に入り直しができると思っていたが、既契約引受保険会社からの審査結果は「2年間の部位不担保(その部位の病気は2年間保障しません)」という結果。
当初、通院保障はないが部位不担保なしの既契約を生かし通院保障は体況が改善してから検討する、もしくは部位不担保が2年間有りでも通院保障付帯を選択するかで検討していただくことになったが、ご自身の年齢や状況から、見直しは最後になるかもしれないと仰っていることもあり好条件で入り直しができればと思い、家族全員同じ保険会社が良いとの拘りをお持ちだったが、他保険会社2社にも申し込みをしてみるという選択肢もご提案させていただき、3社の保障内容に多少の差はあったものの、1社は部位不担保なしの健康体で契約できるという審査結果が得られ、大変ご満足いただいた。その後、お子様お二人の医療保険、がん保険もご契約いただいた。

 

相 談 事 例 ( 40代・男性 )

最近転職したため、現在の保険料が大幅に上がるのは避けたいものの、中学生長男と小学生長女のために死亡保障を充実させたいと思っている。また父をがんで亡くしているため、現在自身のがんの保障がないのも心配である。

提案事例

保険料を抑えつつも、三疾病一時金、がん通院特約等により三疾病にも備える組合せが現在ベストな提案だが、充分な保障額の約80%の保障内容なので、3年以内の見直しも検討いただくことになった。

 

相 談 事 例 ( 70代・男性 )

病気をした際の保障が心配。どんな保険にどのくらい加入すればよいか知りたい。以前加入していた医療保険が70歳で満期を迎えたため現在無保険であり、新たに加入を検討したいがしたいが保険料が高額ではないかと不安である。

提案事例

医療保険で入院日額5,000円で複数社の見積もりをご提案させていただいた。

 

相 談 事 例 ( 40代・男性 )

収入保障保険が気になっている。どんな保険なのか説明して欲しい。

提案事例

ご自身が万が一働けなくなった場合の保障であり、特約等についても説明させていただいたところ、月額10万円の保障があれば現在の生活が維持できるとのお話だったため、それを元にご提案をさせていただいた。

 

相 談 事 例 ( 40代・女性 )

主人が先日から入院したため、生命保険の請求書類を準備しようと実家の両親に聞いたところ、両親が加入していた主人の医療保険は既に解約してしまっていることがわかった。今後も含め医療費が心配なので、病気を罹患した今、加入できる保険はあるか知りたい。

提案事例

今回の入院に関しては、高額療養費の対象となる自己負担額には上限があるため、それを超える分に関しては高額療養費として支給されると思われるとお伝え。詳細は受診された病院に相談いただくことにした。また、加入できる保険については、現在罹患治療されている病気に対する保障を得られる医療保険は残念ながら無い事をご理解いただき、今後については、退院後通院中でも告知が緩和されている医療保険、死亡保険などもありご案内させていただくものの、現在罹患治療されている病気に対し一定期間の免責期間や、部位に対して不担保など様々な制限があることもお伝えした。