30代のお金事情~他の人はどれくらい貯めてるの?~ 

あーあ、お金がたくさんあればなぁ。

30代ともなると結婚して世帯を構えている人もいればバリバリ働いてる人もいるでしょう。

20代とは違う意味で「本気でお金を貯めていかないと」と心配し始める世代かもしれません(笑)

 

同じ30代の人たちはいったいどれくらいお金を貯めてるのかな?

なんて思わず興味を持ってしまうこともありますよね。

 

30代の貯金事情 ←リンク

 

この記事によれば

単身世帯=平均172万円(ちなみに20代は72万円)

2人以上世帯=平均367万円(ちなみに20代は192万円)

いかがですか?

やはり20台に比べて確実に金額が増えていますね。

 

興味深いのは貯金目的でした。

・病気や災害のため

・子供の教育資金   に加えて

老後の生活資金がランクイン

 

30代にして早くも老後の生活資金を考え始める方が増えているようです。

老後2,000万円問題ニュースも記憶に新しいですね。

 

・子供の教育資金=銀行積立や資産運用で準備して必要な時に解約金や満期金を使う

・老後の生活資金=すぐに使わないお金と考えれば金融商品で運用するほうがベター

・病気や災害のため=現金じゃなくて保険ですね!

 

貯金ではなく保障を買って必要な時に使うという保険こそ

賢い契約方法を選択すれば将来準備すべき貯金額の足を引っ張ることはありません。

例えば「いま契約している付き合いで入った医療保険」「勧められて入ったがん保険」は

5年更新や10年更新になっていませんか?

 

そもそもいま医療保険やがん保険に毎月おいくら支払っていますか?

例えば30歳のご主人が毎月3,000円、30歳の奥様が毎月2,000円、

お2人で毎月5,000円の医療保険に入っているとします。

 

1年で6万円、保険料が10年ごとにほぼ倍になる更新型契約だとすると70歳まで払う保険料は

6万円×10年(ご主人30歳~39歳)

12万円×10年(40歳~49歳)

24万円×10年(50歳~59歳)

48万円×10年(60歳~69歳)

これだけで60+120+240+480=900万円を掛け捨てることになります。

しかも保障は更新しなければ70歳で終わり。

 

例えばですけど毎月払っている保険料が70歳になったときに全額戻ってきたらどうですか?

30歳のご夫婦がお2人で毎月1万円を70歳まで払う金額は

12万円×40年=480万円

 

この480万円が70歳まで保険金を使わなければ全額返ってくる医療保険があります。

嬉しいですよね!今はそんな保険もあるのです。

そして70歳以降も医療保障が一生続くのです。

ご存知でしたか?

 

私ども『山形共立』はきらやか銀行のグループ会社の保険代理店です。

生命保険のご契約に関していつでもお気軽にご相談ください。

火災保険や自動車保険などの損害保険も取り扱っております。

いまこんな保険を契約しているけどこれで大丈夫?

どんな保険を契約すればいいのか教えてくれるの?

どんなにご相談いただいても契約しなくても大丈夫です。

相談は24時間メールでも承っております。

電話番号の記載がなくても大丈夫です。

もちろんご相談は無料です。

 

どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

#無料 #相談 #無料相談 #診断 #証券診断 #確認 #契約内容 #契約内容確認 #サービス #無料サービス #がん #医療 #がん保険 #医療保険 #山形 #山形市 #山形県 #若い人 #新婚 #20代 #30代 #40代 #50代 #60代 #山形共立 #いつでもご相談ください #まずはメールでご相談ください い #24時間 #メール #いつでも #読んでほしい #きっとお役に立てます #お声かけください #最新情報をご提供します #山形共立 #きらやか銀行のグループ会社です #きらやか銀行の保険代理店です #きらやか銀行 #お金 #貯金 #貯金したい #お金を貯めるのは難しいですね #工夫次第で何とかなります #掛け捨てじゃない医療保険もあります #掛け捨てじゃないがん保険もあります #新しい保険に切り替えたほうがお得かも #ご連絡お待ちしております

 

 

 

保険コラムの関連記事